コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道浦母都子 みちうら もとこ

2件 の用語解説(道浦母都子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道浦母都子 みちうら-もとこ

1947- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和22年9月9日生まれ。早大在学中に近藤芳美に師事し,のち「未来」同人,編集委員。昭和56年学園闘争をテーマにした「無援の抒情」で現代歌人協会賞。作歌のほか評論,小説やエッセイも手がける。和歌山県出身。著作に歌集「ゆうすげ」「風の婚」「夕駅」,エッセイ「乳房のうたの系譜」,小説「花降り」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道浦母都子
みちうらもとこ
(1947― )

歌人。和歌山市生まれ。早稲田大学文学部卒業。朝日歌壇の投稿をきっかけとして歌作を始め、近藤芳美に師事する。歌誌『未来』に所属。1975年(昭和50)には、幾人かの「未来」同人たちと合同歌集『翔』を刊行する。80年第一歌集『無援の抒情』を刊行。70年前後の全共闘運動のさなか、早稲田大学を卒業。結婚し、夫の赴任地へ。のちに革命運動家を選ばず、平穏な道を選んだことに対して自責の念にかられる。一連の心の葛藤と孤独、抑え切れない活動家としての血潮を絶唱するかのように歌に心を託した『無援の抒情』は、一躍時代の共感を呼び、現代歌人協会賞を受賞した。
 本歌集において道浦はもう一方で、父や近しい存在との対立劇を描きながらも、気持ちの弱さをより露呈してしまうことを抑えることができない自己の姿を描ききっている。葛藤とその裏側の寂しさが、女性性への煩悶(はんもん)へと常に自分をさらしつづける。しかし何よりも強い、超越した思想への憧れは、常に現在形の「闘争の歌人」として生きることを決意させる。この姿はたて続けに刊行された第二歌集『水憂(すいゆう)』(1986)、第三歌集『ゆうすげ』(1987)においても変わらない。その後の歌集のあとがきで道浦は、これらの三歌集を「沈んだ無彩色のうた」と形容している。学生運動という社会的事件に巻き込まれ、社会と文学とを切り結びながら歌を作り続けてきた道浦ではあったが、その後、熱く闘うべきもののなくなった、冷えていく社会の潮流に押し流され、じりじりと自己反省の感情にさいなまれるようになってくる。
 しかし、40代を迎えた道浦は、歌という型が過去の苦悶の波から自分を救ってくれたのだということをはっきりと認識するようになり、さらに作歌への情熱を燃やし始め、これまでの重たい時間の海から、できるかぎり明るい地平へと歩き出そうとする。意識的な歌集『風の婚』(1991)では、これまでにはなかったふるさとへの感慨や、美しい恋情の歌なども多数みられ、精神の転向がうかがえる。
 その後の歌集『夕駅(ゆうえき)』(1997)や『青みぞれ』(1999)も、これらの境地をさらに明確にしたまなざしが主に描かれているが、ふとしたところで、自分は世界に取り残されてしまっているのかもしれないという筆者の寂しさものぞかせるようになる。しかし、ここまでたどってきた歌人としての半生へ、きっぱりとした覚悟でのぞむ、道浦ならではの境地としての歌意も数多く見受けられる。
 歌集以外には『水辺のうた』(1991、川田夏子画)、編著『女うた男うた』(1991)、『男流歌人列伝』(1993)、『四十代、今の私がいちばん好き』(1994)、『食のうた彩事記』(1995)、『乳房のうたの系譜』(1995)、『本のオアシス』(1996)、『季節の森の物語』(2000)、『群青(ぐんじょう)の譜』(2000)など評論、エッセイ、画歌集などの著書も多い。[和合亮一]
『『風の婚』(1991・河出書房新社) ▽『水辺のうた』(1991・邑書林) ▽『四十代、今の私がいちばん好き』(1994・岩波書店) ▽『食のうた彩事記』(1995・弥生書房) ▽『乳房のうたの系譜』(1995・筑摩書房) ▽『夕駅』(1997・河出書房新社) ▽『青みぞれ』(1999・短歌研究社) ▽『季節の森の物語』(2000・朝日新聞社) ▽『群青の譜』(2000・河出書房新社) ▽『無援の抒情』(岩波現代文庫) ▽『男流歌人列伝』『本のオアシス』(岩波同時代ライブラリー) ▽道浦母都子・坪内稔典編著『女うた男うた』(平凡社ライブラリー)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道浦母都子の関連キーワード池田純義石田比呂志井上宗雄清原令子小池光田井安曇友松賢中野照子蒔田さくら子山田富士郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道浦母都子の関連情報