コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンティリャーナデルマル Santillana del Mar

デジタル大辞泉の解説

サンティリャーナ‐デル‐マル(Santillana del Mar)

スペイン北部、カンタブリア州の町。12世紀にトルコで殉教した聖女フリアナを祭るために修道院が建てられ、今もロマネスク様式の参事会教会として残っている。13世紀にカスティーリャ王アルフォンソ8世の直轄領になり、貴族の館が数多く見られる。近郊に旧石器時代洞窟壁画が発見されたアルタミラ洞窟がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンティリャーナデルマルの関連キーワードロマネスク様式アルタミラ洞窟

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android