洞窟壁画(読み)どうくつへきが

世界大百科事典内の洞窟壁画の言及

【絵画】より

…ルネサンス期に,遠近法や明暗法などの新しい表現技法が発達したのも,写実的表現への欲求に基づくところが大きいし,抽象絵画を大きく発展させた20世紀においても,ポップ・アートやスーパーリアリズムなどに見られるように,現実世界の再現,ないしは導入は,絵画の重要な手段となっている。 現在知られている最も古い絵画作品は,フランスのラスコーやスペインのアルタミラに残る旧石器時代の洞窟壁画(洞窟美術)であるが,2万年ないし4万年前にさかのぼると考えられるこれらの壁画に,すでにウシやウマやシカの生き生きとした姿がとらえられている。これらの壁画は,単なる装飾や鑑賞用のものではなく,おそらく狩りの獲物の豊饒祈願といった呪術的意味がこめられていたと考えられるが,その呪術の効果を期待するためには,獲物の種類をはっきりと特定すること,すなわち,ウシやウマの姿をそれらしく再現することが必要だったのである。…

※「洞窟壁画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洞窟壁画の関連情報