コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントセシル大聖堂 サントセシル大聖堂

1件 の用語解説(サントセシル大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

サントセシル大聖堂【サントセシル大聖堂】

フランス南西部、ミディピレネー地方の都市アルビ(Albi)にある、ゴシック様式カトリックの大聖堂。鉄道のアルビヴィル(Albi Ville)駅から徒歩約10分の場所にある。1280年に建設が始まり、その200年後の1480年ごろに完成した。長さ113m、幅35m、高さ40mの、赤レンガでつくられた要塞のような外観を持つ建物である。高さ78mの鐘楼(しょうろう)は1492年に建設されたものである。レンガ造りの建物としてはフランスでも最大級のものといわれている。飾り気のない堅固な外観とは裏腹に、金銀細工やさまざまに彩色された200以上の彫像などがある絢爛豪華な内部は対照的である。18世紀に設置されたオルガンの下には、巨大なフレスコ画最後の晩餐」がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サントセシル大聖堂の関連キーワードガロンヌ川ピレネーオロロンサントマリーサンシルラポピーフィジャックルールドグリオッテフレンチ・ピレニアン・ポインターブラク・フランセ・ピレネーピク・デュ・ミディ[山]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone