コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンドミェシ サンドミェシSandomierz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンドミェシ
Sandomierz

ポーランド南東部,シフィエントクシスキェ県の都市。ロシア語ではサンドミール Sandomir。ルブリンの南西約 100km,ウィスワ川上流,サン川の合流点付近に位置する。マウォポルスカウクライナを結ぶ交易路 (木材,穀物が主) の重要地点として発展。 17世紀末にはクラクフに次ぐマウォポルスカ地方の町として栄えた。 11世紀に砦が建造され,13世紀には3度にわたりモンゴル軍の侵攻を受けた。 1772年の第1次ポーランド分割後,オーストリアロシアなどの支配を受け,1918年にポーランドに帰属。食品加工ガラスなどの工場がある。 14世紀の大聖堂,ルネサンス様式の市庁舎など歴史的建造物が多い。人口2万 5633 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone