コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンバンダル Campantar

世界大百科事典 第2版の解説

サンバンダル【Campantar】

中世南インドのシバ教の聖者で宗教詩人。7世紀の人。生没年不詳。アッパルスンダラルとともに,南インドでのシバ教隆盛の基盤をつくった。ジャイナ教と仏教の勢力を南インドから一掃するうえで,特に力があった人物とされる。彼がつくったシバ神をたたえる歌4181編は,シバ教の聖典《デーバーラム》(10世紀ころ)に収められている。シバ派【徳永 宗雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサンバンダルの言及

【ナーヤナール】より

…彼らは寺院から寺院へと渡り歩きながら,シバ神やその神妃ウマー女神などの神像の前でタミル語の賛歌を歌い上げ,しばしば陶酔状態で踊ったりして,一般の民衆にシバ教の神髄を伝え広めた。彼らの中でとくに有名なのは,サンバンダルアッパルスンダラルの3人で,〈三聖〉と呼びならわされている。とりわけアッパルの詩は,深い罪業の意識を下敷きにして,ラディカルな信愛至上主義を打ち出している。…

※「サンバンダル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報