コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンピエールサンポール大聖堂 サンピエールサンポールだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンピエールサンポールだいせいどう【サンピエールサンポール大聖堂】

フランス西部、ブルターニュ半島南東の付け根のロワール川河口に位置する都市ナント(Nantes)にあるゴシック様式のカテドラル(司教座聖堂)。1434年に建設が始まり、1891年に完成した。完成までに457年の歳月を要したのは、ブルターニュ公国のジャン5世(ブルターニュ公)が公国一の大聖堂の建築を望んだためといわれる。翼廊には、1488年に死去したブルターニュ公フランソワ2世とその公妃マルグリット・ド・フォアの、装飾が見事なルネサンス様式の墓がある。これは娘のアンヌ・ド・ブルターニュによりつくられたものだが、このアンヌの代でブルターニュ公国は終焉を迎え、フランスに併合されることになった。◇現在、ナント司教座が置かれていて、「ナント大聖堂」などとも通称されている。鉄道のナント駅から500mほどの場所にある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android