コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンピエールサンポール大聖堂 サンピエールサンポールだいせいどう

1件 の用語解説(サンピエールサンポール大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンピエールサンポールだいせいどう【サンピエールサンポール大聖堂】

フランス西部、ブルターニュ半島南東の付け根のロワール川河口に位置する都市ナント(Nantes)にあるゴシック様式カテドラル司教座聖堂)。1434年に建設が始まり、1891年に完成した。完成までに457年の歳月を要したのは、ブルターニュ公国ジャン5世(ブルターニュ公)が公国一の大聖堂の建築を望んだためといわれる。翼廊には、1488年に死去したブルターニュフランソワ2世とその公妃マルグリット・ド・フォアの、装飾が見事なルネサンス様式の墓がある。これは娘のアンヌ・ド・ブルターニュによりつくられたものだが、このアンヌの代でブルターニュ公国は終焉を迎え、フランスに併合されることになった。◇現在、ナント司教座が置かれていて、「ナント大聖堂」などとも通称されている。鉄道のナント駅から500mほどの場所にある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンピエールサンポール大聖堂の関連キーワードカンペールバンヌブルターニュレンヌキブロンブルターニュ大公城ブルターニュ半島ベリールアンメール島ラ岬バセー・フォーブ・ド・ブルターニュ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone