翼廊(読み)よくろう(英語表記)transept

  • よくろう ‥ラウ
  • よくろう〔ラウ〕

翻訳|transept

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築用語。袖廊ともいう。バシリカ式の聖堂における十字形平面の両腕部のこと。5世紀頃から増大する信者を収容するために,身廊内陣との間の部分の左右棟を張出させたことによって生れた。外陣に属するが,大きな翼では礼拝堂などが配置されることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 十字形のプランを持つキリスト教会建築で、身廊と直交する部分。内陣と外陣の境となる身廊との交差部と、左右に張り出した袖廊からなる。トランセプト。
※美しい星(1962)〈三島由紀夫〉五「北側の翼廊のかげには、雪解の名残の泥濘が光ってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翼廊の関連情報