コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ジョヴァンニ San Giovanni,Acchile

朝日日本歴史人物事典の解説

サン・ジョヴァンニ

生年:生没年不詳
明治期に来日したイタリア人画家。工部美術学校教師。フォンタネージの後任フェレッティの解任後,工部美術学校に招かれ明治13(1880)年来日する。3年間の在職中,画学科のほか,予科,彫刻学科の絵画授業も担当した。人物画を得意とし教授法も巧みで,フォンタネージとは異なる西洋画法の新生面を生徒たちに開いた。14年の第2回内国勧業博覧会には,自ら「工部卿山尾庸三像」などを出品したほか,生徒作品の出品も実現させた。門下に藤雅三,堀江正章,曾山幸彦らがあり,いずれも明治中期洋画の推進者となった。16年工部美術学校閉校に伴い任を解かれ,その後離日した。

(三輪英夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

サン・ジョヴァンニの関連キーワードシエナのドゥオーモマーリオ サルミピサの洗礼堂堀江 正章藤 雅三

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android