新生面(読み)シンセイメン

大辞林 第三版の解説

その領域についての新しい方面・分野。 研究に-をひらく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 新しく発展すべき分野、方面。新機軸。生面。
※政治小説を論ず(1898)〈後藤宙外〉小説界の新正面「近頃、政治小説を誘奨して、斯壇に一新生面を招かんとする論者所々に」
※門(1910)〈夏目漱石〉二一「斯う云ふ状態は、〈略〉目に立つ程の新生面(シンセイメン)を開く機会なく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android