サン諸語(読み)さんしょご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン諸語
さんしょご

ボツワナなどアフリカ南部に住む狩猟採集民サン人によって話される諸言語。北部のク諸語、トゥア語、南部のタア諸語、トゥイ諸語などがそのおもなものである。ブッシュマン諸語とよばれたこともあり、コイ(ン)諸語(俗称ホッテントット諸語)、タンザニアのサンダウェ、ハツァの両言語とともに、コイサン語族(コイン語族)をなすとする説が有力であるが、個別言語の研究、比較研究ともにまだ不十分である。吸着音(クリック)とよばれる音を普通の子音と同様に用いることで有名。[湯川恭敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android