コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーレマ島 サーレマとうostrov Saaremaa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーレマ島
サーレマとう
ostrov Saaremaa

エストニア西部,バルト海にある島。面積 2674km2。旧称エーゼル Ösel島。 13世紀にドイツ騎士団領となり,1561年デンマーク領,1645年スウェーデン領,1721年ロシア領に編入された。スール海峡によって本土とへだてられ,リガ湾湾口をふさぐ形で横たわる。低平な島で土壌はやせ,ところどころに針葉樹林があるだけで植生は乏しい。畜産業,漁業が行われ,夏の保養地として知られる。主要都市キンギセップ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サーレマ島の関連キーワードヒーウマ島エストニアピャルヌ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android