コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーングリ サーングリSāngli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーングリ
Sāngli

インド西部,マハーラーシュトラ州南西部の都市。サーングリ県の行政庁所在地。コラープル北東約 40km,クリシュナ川に面する。かつてのサーングリ藩王国の首都で,広い街路と多くの庭園がある。州ではムンバイ (ボンベイ) に次ぐ農産物の大市場で,特に搾油用種子,ターメリックは重要。ほかにタバコ,ラッカセイ,香料,バターなどがある。大規模な綿織物,たばこ製造,搾油,金属器製造が行われ,南東約 15kmのミラジとともにサーングリ・ミラジ工業地帯を形成。コラープルのシバジ大学の工学,商学,教育の各カレッジとプーナ大学のカレッジがある。クリシュナ川河岸のガナパティ寺院は寺院建築としてもすぐれ,王一族の墓所として有名。人口 19万 3181 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android