コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザクセン=ワイマール公国 ザクセン=ワイマールこうこくHerzogtum Sachsen-Weimar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザクセン=ワイマール公国
ザクセン=ワイマールこうこく
Herzogtum Sachsen-Weimar

中部ドイツ,チューリンゲン地方に形成された小領邦。エルンスト系のザクセン公国が分割相続のため分裂して生れた諸公国の一つで,政治的には無力であり,18世紀にはプロシアの圧力を受けたが,ドイツ文化史のうえでは重要。なかでも,18世紀初頭には大バッハがこの国の宮廷楽団長をつとめ,同世紀末から 19世紀にかけては,カルル・アウグスト公のもとにゲーテ,シラー,ヘルダー,C.ウィーラントらが集ってドイツ古典主義文学の花を咲かせたので有名。 1815年大公国に昇格。 1741年以来アイゼナハをも領域に加えていたことから,ザクセン=ワイマール=アイゼナハ公国とも称し,18世紀以降,宮廷と並んでイェナ大学も思想史のうえで重要である。 1918年 11月に最後の大公が退位し,チューリンゲン州に併合された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ザクセン=ワイマール公国の関連キーワードイェナ=アウエルシュテットの戦い劇場広場〈ゲーテ像シラー像〉ワイマールのシラーの家ゲーテとシラーの霊廟ザクセン諸公国

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android