ザブハン川(読み)ざぶはんがわ(英語表記)Zavkhan Ghol

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザブハン川
ざぶはんがわ
Zavkhan Ghol

モンゴル高原北西部を流れる川。ハンガイ山脈に発するブヤント川とシャル・ウス川の合流点から下流をよぶ。合流後北西流して大湖盆地に入り、ハル湖から流れてくる水をあわせて北流し、アイラグ湖に注ぐ。古くは北西流せず、南東流してボーン・ツァガーン湖に流入していたとされる。水源からの長さ808キロメートル、流域面積7万1210平方キロメートル。10月から凍りだし、11月前半から4月まで凍結する。流域は純ステップと砂漠性ステップが大半を占める。水はかなり濁っているが、飲料水や灌漑(かんがい)に利用される。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android