コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンクトフロリアン修道院 ザンクトフロリアンしゅうどういん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ザンクトフロリアンしゅうどういん【ザンクトフロリアン修道院】

ドイツ、チェコと国境を接する、オーストリアオーバーエスターライヒ州、州都リンツ(Linz)近郊の町ザンクトフロリアンにある、アントン・ブルックナー(1824~1896年)ゆかりの修道院。304年にドナウ川に沈められ殉教した、聖フロリアン(ザンクトフロリアン)が埋葬された地に14世紀に建てられた修道院で、現在のバロック様式の建物は、1688年に63年の年月を要して完成したものである。修道院には、当時の漆喰(しっくい)彫刻やフレスコ画が残っている。世界的に著名なオーストリアの作曲家であるブルックナーは、13~30歳まで、この修道院で暮らし、聖歌隊のオルガン奏者を務めていた。彼はこの修道院に葬られている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android