コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンクトフロリアン修道院 ザンクトフロリアンしゅうどういん

1件 の用語解説(ザンクトフロリアン修道院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ザンクトフロリアンしゅうどういん【ザンクトフロリアン修道院】

ドイツ、チェコと国境を接する、オーストリアのオーバーエスターライヒ州、州都リンツ(Linz)近郊の町ザンクトフロリアンにある、アントン・ブルックナー(1824~1896年)ゆかりの修道院。304年にドナウ川に沈められ殉教した、聖フロリアン(ザンクトフロリアン)が埋葬された地に14世紀に建てられた修道院で、現在のバロック様式の建物は、1688年に63年の年月を要して完成したものである。修道院には、当時の漆喰(しっくい)彫刻やフレスコ画が残っている。世界的に著名なオーストリアの作曲家であるブルックナーは、13~30歳まで、この修道院で暮らし、聖歌隊のオルガン奏者を務めていた。彼はこの修道院に葬られている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザンクトフロリアン修道院の関連キーワードオーストリア小ドイツ主義スイスハンガリーブレゲンツオーストリア併合ズデーテンエアバルトオーストリー子子家庭は波乱万丈/ドイツ、オーストリア旅物語

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone