コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖歌隊 せいかたい choir

翻訳|choir

5件 の用語解説(聖歌隊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖歌隊
せいかたい
choir

キリスト教会,修道院に所属し,典礼に奉仕する歌手の団体。すでに4世紀頃からこのような団体がつくられ,5世紀のグレゴリウス1世の頃までには,スコラ・カントールムとして定着した。古くは聖職者が聖歌隊を形づくっていたが,ルネサンス以降児童声を含む合唱団,のちには混声合唱団が支配的となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいか‐たい【聖歌隊】

キリスト教の教会に属し、礼拝や儀式のときに聖歌を歌う合唱団。クワイア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいかたい【聖歌隊】

キリスト教会における歌い手の共同体。カトリック教会の公用語ではスコラ・カントルムschola cantorumで,ローマに最初につくられて以来,合唱団であると同時に音楽教育機関であった。教会と聖歌の発展にともなって,専門的な歌手の団体が必要となり生まれたものであるが,過度の芸術化はしばしば会衆からの遊離をもたらした。カトリックでもプロテスタントでも,原則的には全会衆が共同して歌うことがすすめられてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいかたい【聖歌隊】

教会の礼拝で聖歌を歌う合唱団。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖歌隊
せいかたい

キリスト教教会の礼拝に奉仕する合唱団。『旧約聖書』には、ダビデ王の時代に、レビ人とよばれた祭司を補佐する人々が聖歌隊を組織していたことが記されている。そのユダヤ教の礼拝様式は、初期のキリスト教徒たちに受け継がれるが、聖歌隊や先唱者は、会衆とともに歌による礼拝を盛り上げた。その後、典礼の整備や聖歌の洗練化が進むと、会衆の参加が少なくなり、聖歌などは訓練された歌い手や聖歌隊に任せられるようになった。とくにローマ教会では、4世紀以後スコラ・カントルムとよばれる歌唱学校が各地に設けられ、聖歌の教授と熟練した歌い手の養成が図られた。一方、宗教改革時のプロテスタント教会の場合も、一般信徒の間に賛美歌を教えていったのは、訓練を受けた歌い手や聖歌隊であったといわれている。
 今日、ローマ・カトリック教会、ギリシア正教会、聖公会、ドイツ・ルーテル教会などの礼拝を重視する諸教会では、聖歌隊が礼拝に欠くことのできない存在となっている。各教会における聖歌隊の役割は、キリスト教の神を賛美するという点では同一であるものの、実際の礼拝に占める比重や編成・規模などは、教義や典礼観に左右され多様である。
 今日では、ドイツのライプツィヒ聖トーマス教会聖歌隊、レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊、フランスのソレム修道院聖歌隊、スペインのモンセラート修道院聖歌隊、アメリカのソルト・レーク・シティのモルモン会堂聖歌隊などが、世界的にその名を知られている。[磯部二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖歌隊の関連キーワード異端審問聖木曜日キリスト教会加特力キリスト教徒原始共同体ムラカキリスト教会キリスト教系教会ローマ・カトリック教会《キリスト教における修練》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖歌隊の関連情報