コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖歌隊 せいかたいchoir

翻訳|choir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖歌隊
せいかたい
choir

キリスト教会,修道院に所属し,典礼に奉仕する歌手の団体。すでに4世紀頃からこのような団体がつくられ,5世紀のグレゴリウス1世の頃までには,スコラ・カントールムとして定着した。古くは聖職者が聖歌隊を形づくっていたが,ルネサンス以降児童声を含む合唱団,のちには混声合唱団が支配的となった。イギリスの大聖堂では今日まで男性のみによる聖歌隊が存在する。聖歌隊は,聖堂内陣の祭壇に面した両側壁,または内陣に相対する中2階のオルガンの周辺などに位置する。プロテスタント教会では,全会衆的な典礼精神が守られるように聖歌隊をおかないのが普通であるが,信者有志から成る聖歌隊をおく教会もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいか‐たい【聖歌隊】

キリスト教の教会に属し、礼拝儀式のときに聖歌を歌う合唱団。クワイア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいかたい【聖歌隊】

キリスト教会における歌い手の共同体。カトリック教会の公用語ではスコラ・カントルムschola cantorumで,ローマに最初につくられて以来,合唱団であると同時に音楽教育機関であった。教会と聖歌の発展にともなって,専門的な歌手の団体が必要となり生まれたものであるが,過度の芸術化はしばしば会衆からの遊離をもたらした。カトリックでもプロテスタントでも,原則的には全会衆が共同して歌うことがすすめられてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいかたい【聖歌隊】

教会の礼拝で聖歌を歌う合唱団。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖歌隊
せいかたい

キリスト教教会の礼拝に奉仕する合唱団。『旧約聖書』には、ダビデ王の時代に、レビ人とよばれた祭司を補佐する人々が聖歌隊を組織していたことが記されている。そのユダヤ教の礼拝様式は、初期のキリスト教徒たちに受け継がれるが、聖歌隊や先唱者は、会衆とともに歌による礼拝を盛り上げた。その後、典礼の整備や聖歌の洗練化が進むと、会衆の参加が少なくなり、聖歌などは訓練された歌い手や聖歌隊に任せられるようになった。とくにローマ教会では、4世紀以後スコラ・カントルムとよばれる歌唱学校が各地に設けられ、聖歌の教授と熟練した歌い手の養成が図られた。一方、宗教改革時のプロテスタント教会の場合も、一般信徒の間に賛美歌を教えていったのは、訓練を受けた歌い手や聖歌隊であったといわれている。
 今日、ローマ・カトリック教会、ギリシア正教会、聖公会、ドイツ・ルーテル教会などの礼拝を重視する諸教会では、聖歌隊が礼拝に欠くことのできない存在となっている。各教会における聖歌隊の役割は、キリスト教の神を賛美するという点では同一であるものの、実際の礼拝に占める比重や編成・規模などは、教義や典礼観に左右され多様である。
 今日では、ドイツのライプツィヒ聖トーマス教会聖歌隊、レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊、フランスのソレム修道院聖歌隊、スペインのモンセラート修道院聖歌隊、アメリカのソルト・レーク・シティのモルモン会堂聖歌隊などが、世界的にその名を知られている。[磯部二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

聖歌隊の関連キーワードシュトゥットガルト・バッハ合奏団ディアベッリ(ディアベリ)クワイヤ[choir]ジョスカン・デ・プレジョスカン・デ・プレアルフレッド デラージョージ オールチンホノルルシティライツウィーン少年合唱団カルク=エーレルトジェームズ アレンシモノペトラ修道院オッフェルトリウムソレム修道院聖歌隊ボーイ・ソプラノウォルムス大聖堂ルース ブラウンボワエルデューグレゴリオ聖歌オフィクレイド

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖歌隊の関連情報