コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアニン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアニン

(1) cyanin アントシアンの一種。ヤグルマギクの花弁やシソの葉などに存在する色素。正式化学名はシアニジン-3,5-ジグルコシドであり,その塩化水素塩は赤色の結晶である。 (2) cyanine シアニン染料。キノリン系染料の一種で感光性をもっている。写真フィルムに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシアニンの言及

【アントシアン】より

…マーカートL.C.Marquartがヤグルマギクの花の青い色素をギリシア語の花anthosと青いkyanosを表す言葉からアントシアンと名付けたのに始まる(1835)。この一群の色素はほとんどすべて配糖体として存在し,色素の本体であるアグリコン部分はアントシアニジンanthocyanidin,その配糖体をアントシアニンanthocyanin,また両者をとくに区別しないときにアントシアンと呼んでいる。その構造の決定はドイツの化学者ウィルシュテッターR.Willstätterの研究に負うところが大きくヤグルマギクからシアニンcyanin,さらにペラルゴンpelargon,デルフィニンdel‐phininが分離された。…

※「シアニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シアニンの関連キーワードウィリアム・ホブソン ミルズガーデンハックルベリーpヒドロキシ安息香酸フタロシアニン染料フタロシアニン顔料近赤外線吸収色素アントシアナーゼアントシアン色素ブラッドオレンジアントシアニジンカリステフィンクリサンテミンフタロシアニン緋のかぶら漬メコシアニンブルーミートベリー類色素塩基性染料光増感色素有機半導体

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android