コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シウス シウスclosed-in weapon system; CIWS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シウス
closed-in weapon system; CIWS

水上艦における,対ミサイル近接防御兵器の略称。防御手段としては,ハードキルウェポンに属する。対空ミサイル,あるいはデコイジャマーなどのソフトキル防御網を突破して飛来する対艦ミサイルに対し,自艦の最近傍でミサイル本体を撃破しようとするもので,高射撃速度の機関砲が主流を成している。将来,電磁力を活用した電磁砲またはレーザーを活用したレーザー砲などが CIWSとして出現することが予測される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シウスの関連キーワードディオニュシウス・アレオパギタデステュット・ド・トラシーケルビン(温度の単位)テオドシウス(1世)アンシクロペディストクインティリアヌスアナスタシウス2世テオドシウスの城壁ホルテンシウス法テオドシウス法典ファブリキウス嚢アレクシウス5世エフェソス公会議八杉ヴィニシウスアレクシウス4世アルカディウスサイクロセリンフルメンチウスアポリナリウスアンブロシウス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android