コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェアドアクセス しぇあどあくせす

1件 の用語解説(シェアドアクセスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シェアドアクセス

NTTがFTTHの実現に向けて開発した、1本の光ファイバーを複数のユーザーで共有するアクセス方式。100Mbpsの帯域を最大32ユーザーで共有する。Bフレッツの「ニューファミリー」(NTT東日本)と、「ファミリー100」(NTT西日本)で利用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェアドアクセスの関連キーワードARM自己実現時短ニューサンシャイン計画射向け期成同盟向け森林・林業基本計画知的財産戦略大綱リンサクライ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone