コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェバルガーン シェバルガーンSheberghān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェバルガーン
Sheberghān

アフガニスタン中央北部,ジューズジャーン州の州都。マザーレシャリーフの西 120km,サフィード川右岸に位置する。首都カブールからマザーレシャリーフを経てヘラートにいたる幹線道路に沿う。9世紀にはこの地方の首都で,モンゴルの侵入まで栄えた。その後,ウズベク人の小ハン国の首都であったが,1873年イギリスとロシアの国境協定でアフガニスタン領となった。 1960年天然ガスが発見され,国内と旧ソ連へパイプラインが敷かれた。人口2万 2000 (1988推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シェバルガーンの関連キーワードサリプル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android