コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェル・オイル シェル・オイルShell Oil Company

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェル・オイル
Shell Oil Company

アメリカ合衆国の総合石油会社。ロイヤル・ダッチ・シェル・グループが約 60%の株式を所有するアメリカの子会社として,グループと同グループのユニオン・オイルの資産を統合し,持株会社シェル・ユニオン・オイルとして 1922年設立。1923年セントラル・オイル,1929年ニューイングランド・オイル,1934年ライオン・オイルなどを吸収して原油採掘,精製分野に進出,1949年現社名に変更。1959年子会社シェル・ケミカル,シェル・デベロプメントを合併して石油化学分野へ進出,1960年代以降も石油関連企業を吸収して発展。事業内容は原油生産・精製・販売,天然ガス生産のほか,アルコール,ケトン溶剤,グリセリン,化学中間製品,エチレン,樹脂,プラスチックなどの化学製品の生産で,この分野では国内石油会社のトップ。1984年ロイヤル・ダッチ・ペトロリアムが全株式を保有することになり,ロイヤル・ダッチ・シェル・グループの傘下に入った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シェル・オイルの関連キーワードユニオン・カーバイドリンダ クックアメリカ合衆国ウィレムスタト