コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーディング しぇーでぃんぐ

2件 の用語解説(シェーディングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シェーディング

3Dグラフィックスにおいてオブジェクトの表面に陰影を付けること。シェーディングを行うことで、オブジェクトの立体感を表現できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シェーディング(shading)

明度の異なる白粉(おしろい)や頬紅(ほおべに)などで顔に陰影をつける化粧法。
コンピューターグラフィックスで、物体表面に陰影や色の変化をつけ、立体感や質感をだす手法。フォンシェーディングフラットシェーディングなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシェーディングの言及

【地図】より

…地形を表示する等高線の間隔についてみると,大縮尺図では2~5mくらい,中縮尺図では10~20mくらい,小縮尺図になると100~500mくらいが一般である。また地形の表現を助ける手段として,10万~50万分の1くらいの地図では,ぼかし(シェーディングshading)がよく用いられ,100万分の1以下の地図では,高度帯ごとに色分けする段彩が用いられることが多い。 以上の地図の縮尺と表現内容との関係は,地形図などの一般図の場合であり,一般にいって縮尺が大きいほど,表現内容が豊富であり,また詳細である。…

※「シェーディング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シェーディングの関連キーワード襟白粉白粉臭い白粉下白粉焼け紙白粉京白粉粉白粉寝白粉紅白粉吉弥白粉

シェーディングの関連情報