コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明度 めいど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

明度

色の明暗を表す数値。この数値を増減することで色の明暗を調節し、数値が高いほど明るい色を表現する。色相彩度とともにHSB、または色の三要素と呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

明度【めいど】

色の三属性の一つ。物体面(物体色)の明るさを表すもので,反射率100%の白色の面の明度を10として,0〜10の数値で表示される。無彩色は明度だけをもち,黒〜灰〜白の順で明度が高くなる。
→関連項目明るさ色立体彩度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいど【明度 lightness】

物体面(物体色)の明るさを表すためのものであるが,一定の照明の下では白色の面がいちばん明るく見えるという性質があるため,それを基準にしていい表している。反射率100%の白色面の明度を10とすれば,種々の物体面の明度は0から10の値をとることになる。明度が1と2の面の明るさの差と,明度が3と4の面の明るさの差とは同じというように,明度は心理的な明るさの大きさを表すものとされている。【池田 光男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

めいど【明度】

色の三属性の一。色のもつ明るさ暗さの度合。 → 彩度色相

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明度
めいど
luminosity

色の心理的感覚のうちで明るさを表わすもの。物体の表面の色は照明光のなかから表面で吸収された色光を除いた残りの反射光が呈する色であるから,表面光では明度は視感反射率に対応する。視感反射率は眼の感じる明るさが色 (光の波長) によって変ることを考慮にいれた反射率で,CIE表色系では明るさを表わす量として用いられるが,心理的な明るさに比例しない。マンセル標準色票では,明度の番号は心理的な明るさの尺度で等間隔になるようにつけられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明度
めいど

色の属性の一つで、物体色の明暗を表すこと。色には明度、色相(赤、緑、青など)および彩度(色の飽和性)という三属性があり、明度は有彩色(色相のある色)にも無彩色(白、灰色、黒)にもある。色の表示に使われるマンセル表色系では、明度をマンセル・バリュー(記号V)で表す。Vは、視感反射率(記号Y)が102.56%の白を10とし、0%の黒を0として、その間を明るさ感覚に従って9、8、……、1のように等歩度に刻む。無彩色の色票をVの順に一列に並べてつくった無彩色スケールは、あたかも長さに対する物差しのように、物体色の明度を判定する場合に役だっている。[東 尭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の明度の言及

【明るさ】より

… 一方の物体色に対しては,明るい,暗いという表現よりも,白い,黒いという言い方のほうが私たちの感ずる感覚をよく表している。したがって物体を見て感ずるその表面の明るさには,“明るさ”ではなく明度lightnessという表現を用いる。明度のいちばん弱いのが黒であり,いちばん強いのが白である。…

【明るさ】より

… 一方の物体色に対しては,明るい,暗いという表現よりも,白い,黒いという言い方のほうが私たちの感ずる感覚をよく表している。したがって物体を見て感ずるその表面の明るさには,“明るさ”ではなく明度lightnessという表現を用いる。明度のいちばん弱いのが黒であり,いちばん強いのが白である。…

【色】より

…間は1,2,……のような数字がつき,これが明るさを表す記号である。物体色の明るさはとくに明度と呼ぶが,マンセル表色系ではこれをバリューvalueといいVで表す。あざやかさは彩度,あるいはクロマchromaと呼び,簡略名はCであるが,その値は中心の無彩色を0とし,それから外にいくに従って2,4,……と数字を増やしていく。…

※「明度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明度の関連キーワードマンセルの表色系反射光式露出計グレイスケールグレースケールシェーディングカラーモデル三色の法則マンセル値ライトネス透過型液晶瀬戸唐津バルール色度計HSL進出色後退色色調色価等色明色

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明度の関連情報