コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰影/陰翳 インエイ

デジタル大辞泉の解説

いん‐えい【陰影/陰×翳】

光の当たらない、暗い部分。かげ。「ライトを当てて被写体に―をつける」
物事の色・音・調子や感情などに含みや趣があること。ニュアンス。「―に富んだ文章

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の陰影/陰翳の言及

【素描】より

…これは植物や自然現象の精密な素描,人体解剖図にみることができる。しかし,他方レオナルド・ダ・ビンチは,タブローの下絵や習作,自由なスケッチにおいては,陰影と明暗の精妙な表現を重視し,線よりは現象的な光の把握に重点をおいた。〈もっとも研究すべきものは,輪郭ではなく,陰影である〉(ウルビノ稿本1270,f.133r)。…

※「陰影/陰翳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陰影/陰翳の関連キーワードヴィエニャフスキ:ポロネーズ 第2番 変イ長調/piano soloウィルソン現象(黒点)ラジオシティー法キアロスクーロシェーディング隈取(美術)アポロドロスアイシャドーモデリングヤコブセンエアブラシ須田国太郎アシュール総和竹絵画島絵・縞絵スケッチティントハイキーメトールエスキス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android