コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰影/陰翳 インエイ

デジタル大辞泉の解説

いん‐えい【陰影/陰×翳】

光の当たらない、暗い部分。かげ。「ライトを当てて被写体に―をつける」
物事の色・音・調子や感情などに含みや趣があること。ニュアンス。「―に富んだ文章

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陰影/陰翳の言及

【素描】より

…これは植物や自然現象の精密な素描,人体解剖図にみることができる。しかし,他方レオナルド・ダ・ビンチは,タブローの下絵や習作,自由なスケッチにおいては,陰影と明暗の精妙な表現を重視し,線よりは現象的な光の把握に重点をおいた。〈もっとも研究すべきものは,輪郭ではなく,陰影である〉(ウルビノ稿本1270,f.133r)。…

※「陰影/陰翳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android