コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーネベルク Schöneberg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェーネベルク
Schöneberg

ドイツ,ベルリン中央部の地区。もと幹線街道沿いに発達した商業地区で,1920年にフリーデナウと合併して現在の地区を形成した。第2次世界大戦後はポツダム通りの旧最高裁判所に連合国管理委員会がおかれ,48年には西ベルリン市の市役所もここに移って,市の行政中心地となった。印刷,醸造のほか,精密機器,光学機器,通信機器などの製造業も立地。人口 13万 4610 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シェーネベルクの関連キーワードオイレンブルク

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android