通信機器(読み)つうしんきき(英語表記)telecommunication equipment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通信機器
つうしんきき
telecommunication equipment

情報を電気的に遠距離の場所に伝える装置。信号の伝達方法により,有線通信機器と無線通信機器とに分けられる。前者は電線を流れる電流を通して信号を送る装置,後者は空間を伝搬する電波により信号を送る装置である。初期の段階においては,モールス符号のような簡単な信号であったが,1876年 A.G.ベルが,音声を電気的信号に変え,これを再生する装置を発明した。これが現代電話機の始りである。通信機器は,エレクトロニクスの進歩とともに著しい発展をとげ,現代においては,電信電話関係だけでなく,データ通信,画像通信など新しい情報の通信を含み,広い分野にさまざまな新装置を生み出している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

つうしんきき【通信機器】

無線や有線による電気通信に必要な機器。電話・トランシーバー・放送衛星など多岐にわたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通信機器の関連情報