コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シス調節配列

栄養・生化学辞典の解説

シス調節配列

 シス配列シス作用配列ともいう.遺伝子近傍にあって,その部分に調節タンパク質が結合すると遺伝子の転写が調節される領域.この領域自体はタンパク質を合成せず,他のタンパク質(トランス調節タンパク質)が結合する領域.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android