コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転写 てんしゃ transcription

翻訳|transcription

5件 の用語解説(転写の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転写
てんしゃ
transcription

言語学用語。音声言語を文字で表わすこと。音声記号を用いてなるべく精密に表記する音声学的転写,音素表記する音韻論的転写,正書法で表記するやり方などに分けられ,それぞれ目的に応じて使い分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

転写
てんしゃ
transcription

デオキシリボ核酸 DNA遺伝情報リボ核酸 RNAに写し取られること。すなわち DNA二重螺旋での塩基の対応と同様に,DNAの塩基の一次構造が RNAの塩基の相補的な一次構造となる。ただし DNAのチミンに対して RNAではウラシルが使われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てん‐しゃ【転写】

[名](スル)
文章・図面などを写し取ること。また、書き写すこと。「設計図を転写する」
生体内で遺伝情報が伝えられる際の第一段階として、DNA(デオキシリボ核酸)の塩基配列を鋳型にして伝令RNAリボ核酸)が合成されること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

転写

 DNAを鋳型としてRNAを合成する反応.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんしゃ【転写】

( 名 ) スル
他の書物・図版などから写し取ること。 「原本から-する」
〔transcription〕 DNA のヌクレオチド配列を相補的 RNA に写し取る反応。遺伝子の遺伝情報に基づくタンパク質合成反応の第一段階。 → 逆転写
〔transcription〕 何らかのテキストを、音韻論的もしくは音声学的な解釈を加えた上で、体系的に別の文字で書き換えること。単なる機械的な書き換えとは区別される。 → 翻字
磁気録音テープ・ VTR テープなどが巻き付けられたまま保存されることにより、重なり合った部分の信号が混ざり込む現象。音質や画質劣化の原因となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転写の関連キーワード写し誤写作製真像転載透写読図復写し敷写し引写し

転写の関連情報