コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転写 てんしゃtranscription

翻訳|transcription

5件 の用語解説(転写の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転写
てんしゃ
transcription

言語学用語。音声言語を文字で表わすこと。音声記号を用いてなるべく精密に表記する音声学的転写,音素表記する音韻論的転写,正書法で表記するやり方などに分けられ,それぞれ目的に応じて使い分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

転写
てんしゃ
transcription

デオキシリボ核酸 DNA遺伝情報リボ核酸 RNAに写し取られること。すなわち DNA二重螺旋での塩基の対応と同様に,DNAの塩基の一次構造が RNAの塩基の相補的な一次構造となる。ただし DNAのチミンに対して RNAではウラシルが使われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐しゃ【転写】

[名](スル)
文章・図面などを写し取ること。また、書き写すこと。「設計図を転写する」
生体内で遺伝情報が伝えられる際の第一段階として、DNA(デオキシリボ核酸)の塩基配列を鋳型にして伝令RNAリボ核酸)が合成されること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

転写

 DNAを鋳型としてRNAを合成する反応.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんしゃ【転写】

( 名 ) スル
他の書物・図版などから写し取ること。 「原本から-する」
〔transcription〕 DNA のヌクレオチド配列を相補的 RNA に写し取る反応。遺伝子の遺伝情報に基づくタンパク質合成反応の第一段階。 → 逆転写
〔transcription〕 何らかのテキストを、音韻論的もしくは音声学的な解釈を加えた上で、体系的に別の文字で書き換えること。単なる機械的な書き換えとは区別される。 → 翻字
磁気録音テープ・ VTR テープなどが巻き付けられたまま保存されることにより、重なり合った部分の信号が混ざり込む現象。音質や画質劣化の原因となる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転写の関連情報