コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転写 てんしゃtranscription

翻訳|transcription

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転写
てんしゃ
transcription

言語学用語。音声言語を文字で表わすこと。音声記号を用いてなるべく精密に表記する音声学的転写,音素表記する音韻論的転写,正書法で表記するやり方などに分けられ,それぞれ目的に応じて使い分けられる。なお,ある文字体系から別の文字体系への書換え (たとえば,かなからローマ字へ) は,翻字と呼んで,区別する。

転写
てんしゃ
transcription

デオキシリボ核酸 DNAの遺伝情報がリボ核酸 RNAに写し取られること。すなわち DNA二重螺旋での塩基の対応と同様に,DNAの塩基の一次構造が RNAの塩基の相補的な一次構造となる。ただし DNAのチミンに対して RNAではウラシルが使われている。最初は DNAに依拠してのメッセンジャーRNAの合成に対して転写の語が使われたが,転移RNAリボソームRNAも DNAの一次構造から直接に相補的につくられることがわかり,これらの場合も転写と呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てんしゃ【転写】

( 名 ) スル
他の書物・図版などから写し取ること。 「原本から-する」
〔transcription〕 DNA のヌクレオチド配列を相補的 RNA に写し取る反応。遺伝子の遺伝情報に基づくタンパク質合成反応の第一段階。 → 逆転写
〔transcription〕 何らかのテキストを、音韻論的もしくは音声学的な解釈を加えた上で、体系的に別の文字で書き換えること。単なる機械的な書き換えとは区別される。 → 翻字
磁気録音テープ・ VTR テープなどが巻き付けられたまま保存されることにより、重なり合った部分の信号が混ざり込む現象。音質や画質劣化の原因となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転写の関連情報