シッティングバレーボール(英語表記)sitting volleyball

デジタル大辞泉の解説

シッティング‐バレーボール(sitting volleyball)

床に座ったまま行う六人制バレーボール。一般のコートよりも狭く、ネットの高さも低く設定されている。原則として、臀部(でんぶ)(肩から臀部までの部位を指す)の一部を常に床に接した状態でプレーする。1956年オランダで、戦争で体が不自由になった人々により考案された。パラリンピックの正式種目。シッティングバレー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シッティングバレーボール

オランダで戦争で体が不自由になった人たちが考案し、1980年のモスクワパラリンピックから正式種目となった。日本では92年に東京で最初のチームができ、2000年シドニーパラリンピックに男子が初出場、08年北京パラリンピックに女子が初出場。日本パラバレーボール協会には、男子17チーム、女子11チームが登録している。

(2017-03-03 朝日新聞 朝刊 石川全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シッティングバレーボールの関連情報