シデロメレイン(英語表記)sideromelane

岩石学辞典の解説

シデロメレイン

最初ワルターシャウゼンはシチリアのパラゴナイト凝灰岩の中に発見された黒いガラス状物質に与えられた名称で鉱物と考えられたが[Waltershausen : 1853],後にピーコックはこの物質は水を含まない新鮮な均質な玄武岩ガラスと定義した[Peacock : 1926].このガラスは薄片では淡緑色または明茶色で,タキライト(tachylyte)がほとんど不透明なのとは異なる.これは玄武岩熔岩が海底または氷河底の条件で急冷した際の生成物である[Tomkeieff : 1983].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android