コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シデロメレイン sideromelane

岩石学辞典の解説

シデロメレイン

最初ワルターシャウゼンはシチリアのパラゴナイト凝灰岩の中に発見された黒いガラス状物質に与えられた名称で鉱物と考えられたが[Waltershausen : 1853],後にピーコックはこの物質は水を含まない新鮮な均質な玄武岩ガラスと定義した[Peacock : 1926].このガラスは薄片では淡緑色または明茶色で,タキライト(tachylyte)がほとんど不透明なのとは異なる.これは玄武岩熔岩が海底または氷河底の条件で急冷した際の生成物である[Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android