コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シヌック シヌック Chinook

翻訳|Chinook

2件 の用語解説(シヌックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シヌック(Chinook)

《「チヌーク」とも》アメリカロッキー山脈東側に吹き下ろす乾燥した暖風。また、アメリカのワシントンオレゴン両州の太平洋岸に吹く湿気を帯びた暖風。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シヌック
しぬっく
chinook

北アメリカ西部のロッキー山脈東麓(とうろく)に吹き下りてくるフェーン風の一種。シヌーク、チヌークともいう。この乾熱風によって雪がみるみるうちに融(と)けるのでスノー・イーターsnow eaterともいう。この風が吹き下りてくると、気温はわずか15分くらいの間に10~20℃も上がる。モンタナ州のハーブルHavreでは、わずか3分間で気温がマイナス11.7℃からプラス5.6℃まで上昇したという記録がある。この突然の昇温後、気温はさらに激しく上昇するが、これは、その地点で暖気団と寒気団の著しい出入りがあるからである。シヌックの吹くときは、平原上は一般に晴れているが、山岳地帯は弧状の雲に覆われる。これをシヌック・アーチchinook archという。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シヌックの関連キーワードチヌークユーコン川ロッキー山脈アメリカ杉アメリカンアメリカンドリームロッキー山脈国立公園ロッキーマウンテン国立公園

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シヌックの関連情報