暖気団(読み)だんきだん

日本大百科全書(ニッポニカ)「暖気団」の解説

暖気団
だんきだん

発現地よりも冷たい地表面に移動した気団。下層から冷却されて安定度が増すので対流がおこりにくい。地表近くで逆転層を生じることがある。空気が乾燥していればますます安定してよい天気となるが、湿っていると下層に層雲ができる。小笠原気団(おがさわらきだん)は代表的な暖気団である。なお、これとは別に、隣接の気団に対して相対的に暖かい気団をさすこともある。

[饒村 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「暖気団」の解説

だん‐きだん【暖気団】

〘名〙
① 暖かい地方で発生して寒冷な地方へ移動した気団。層雲・霧などを伴うことが多い。〔天気予報論(1946)〕
② 隣接の気団よりも温暖な気団。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の暖気団の言及

【気団】より

…前者の場合は対流性の天候が現れ,後者の場合は大気の成層は安定で,降水現象は霧雨や霧が多い。ベルジェロンは気団の温度に関係なく,気団自体より高温度の表面を流れる気団を寒気団(k),気団より低温度の表面を流れる気団を暖気団(w)と区別する分類を加えた。これにより,気団の鉛直安定性,下からの変質の型,気団内の天気の型が区別できる。…

※「暖気団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android