コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノブゴケ(忍蘚) シノブゴケfern moss

1件 の用語解説(シノブゴケ(忍蘚)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シノブゴケ【シノブゴケ(忍蘚) fern moss】

シノブゴケ科,シノブゴケ属Thuidiumの蘚類の総称。世界に約150種,日本に15種ある。植物体は匍匐(ほふく)し,細かく羽状に分枝する。和名は平面的に分枝した繊細な姿をシダ植物のシノブの葉に見立てたもの。英名も同じく植物体の外形に基づく。茎は堅く,通常の葉のほかに毛葉(もうよう)を密生する。葉は小さく,中央脈は明りょう。蒴(さく)は円筒状で傾斜または下垂する。蒴歯はよく発達し,内外2列に並ぶ。アソシノブゴケ(トヤマシノブゴケ)T.kanedae Sak.は全国の低山地の普通種。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone