コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビエラ文化 シビエラぶんかShiviera culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シビエラ文化
シビエラぶんか
Shiviera culture

ロシア,アンガラ川,バイカル湖沿岸地方の初期青銅器時代の文化。グラズコボ期に続く時期で,前 1300~900年と考えられている。イルクーツクより 200kmほど下流,アンガラ川右岸のシビエラで発見された墳墓群からこの名がある。墳墓の構造は,グラズコボ期のものに類似し,板石で舟形に墓壙を造ったものもある。墓の方向は,川の方向を向くものとされ,埋葬された人骨は,側臥の強い屈葬を示している。副葬品には,土器,石器,軟玉製腕輪,軟玉製有孔円盤,へび形銅製品,いのしし,しかの牙などがある。なお,まれに火葬の例もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android