コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャオシャン(韶山)灌漑区 シャオシャンかんがいくShaoshan guanqu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャオシャン(韶山)灌漑区
シャオシャンかんがいく
Shaoshan guanqu

中国華中地方,フーナン (湖南) 省中部の丘陵地に広がる灌漑区。シヤン (湘) 江の支流リエン (漣) 水に 1960年に建設されたシュイフーミヤオ (水府廟) ダムを水源とする。 65年着工し,67年完成。全長 240kmに及ぶ3本の幹線水路から 202本の支線が分れ,さらに多数の小水路,末端水路が引かれている。 193の電力灌漑ステーションがある。灌漑面積はシヤンタン (湘潭) 盆地を中心に5万 4000haに及ぶ。都市用水,工業用水としても利用され,小規模な発電所もある。耕地の拡大,反当収量の増大に役立っているが,特に水稲二期作の普及がめざましい。幹線水路は小船が航行できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャオシャン(韶山)灌漑区の関連キーワードシヤン(湘)江

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android