コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湘潭 しょうたん

3件 の用語解説(湘潭の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

湘潭【しょうたん】

中国,湖南省東部の都市。湘水と漣水との合流点にあり,湘黔(しょうきん)鉄路(株洲〜貴陽)に沿い,水陸の交通至便。機械,紡織,食品,セメントなどの工業があり,米,茶,キリ油,薬材,紙などを移出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうたん【湘潭 Xiāng tán】

中国,湖南省東部,湘江の中流域,湘黔(しようけん)鉄道(株洲~貴陽)の沿線にある商工業都市。人口64万(1994)。韶山市,湘郷市,湘潭県を管轄する。湖南省最大の河川である湘江と江の合流点に位置し,沼沢地が多かったことから湘潭と呼ばれた。三国呉のとき湘西県を置き,南朝梁のとき湘潭県と改称,元代には州に昇格したが,明代ではまた県となり現在に至る。1949年に市となった。湘江の湾曲点にあり,水量豊富で船の碇泊に便利なため,古来水陸交通の要衝として知られ,湘江流域および江西省西部の物産の大集散地として商業活動が活発で,米の取引が盛んであり〈米市〉とも呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湘潭
しょうたん / シヤンタン

中国、湖南(こなん)省東部、湘江(しょうこう)中流にある地級市。2市轄区と湘潭県を管轄し、湘郷(しょうきょう)、韶山(しょうざん)の2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口291万5000(2014)。唐代に湘潭県が置かれ、1950年県の市街地が市となった。冶金、電機、機械などの重工業のほか紡織工業も立地する。滬昆(ここん)線(上海(シャンハイ)―昆明(こんめい))に沿い、湘潭県東部に京広線が通じ、湘江や漣水(れんすい)の水運の便もある。毛沢東(もうたくとう)をはじめ、清(しん)末の政治家・曽国藩(そうこくはん)、清末から現代の画家・斉白石(せいはくせき)、中華人民共和国元帥の彭徳懐(ほうとくかい)ら著名人の故郷として知られる。市内には関聖殿、雨湖(うこ)公園などの名勝、史跡がある。[河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湘潭の関連キーワード加羅湖南省湘江洞庭湖白帝城江の川湖南湘南長沙汨羅

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湘潭の関連情報