コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャトークロヴージョ シャトークロヴージョ

1件 の用語解説(シャトークロヴージョの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シャトークロヴージョ【シャトークロヴージョ】

フランス中部、ブルゴーニュ地方の中心都市ディジョン(Dijon)から約15kmの郊外に位置するヴージョ村にあるワインシャトー。ヴージョ村はディジョンからサントネー(Santenay)に至る「ワイン街道」沿いのコートドゥニュイに属し、ブルゴーニュワイン(赤ワイン)の産地として世界的に知られる村である。12世紀にシトー派の修道僧がぶどう畑をつくったのが、この村のぶどうとワインづくりの始まりである。以来、1790年代までシトー派の修道会が所有していた。そのワインづくりを行ってきたのが、ぶどう畑の中に建っているワインシャトーである。歴史的建造物として多くの観光客が訪れるスポットになっている。◇現地名は「Chateau du Clos de Vougeot」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャトークロヴージョの関連キーワードディジョンシャブリブルゴーニュ大公宮殿ブルゴーニュワインバセー・フォーブ・ド・ブルターニュブルゴーニュ公国ブールギニョンブルゴーニュ風

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone