コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャトークロヴージョ シャトークロヴージョ

世界の観光地名がわかる事典の解説

シャトークロヴージョ【シャトークロヴージョ】

フランス中部、ブルゴーニュ地方の中心都市ディジョン(Dijon)から約15kmの郊外に位置するヴージョ村にあるワインシャトー。ヴージョ村はディジョンからサントネー(Santenay)に至る「ワイン街道」沿いのコートドゥニュイに属し、ブルゴーニュワイン(赤ワイン)の産地として世界的に知られる村である。12世紀にシトー派の修道僧がぶどう畑をつくったのが、この村のぶどうとワインづくりの始まりである。以来、1790年代までシトー派の修道会が所有していた。そのワインづくりを行ってきたのが、ぶどう畑の中に建っているワインシャトーである。歴史的建造物として多くの観光客が訪れるスポットになっている。◇現地名は「Chateau du Clos de Vougeot」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android