シャンク

デジタル大辞泉 「シャンク」の意味・読み・例文・類語

シャンク(shank)

すね。脚。また、道具
ゴルフで、アイアンクラブ頭部と柄の接続部。また、その部分で打ってしまうミスショット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「シャンク」の意味・読み・例文・類語

シャンク

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] shank )
  2. 工具類の柄の部分。また、機械に取付、さしこみなどを行なう部分。
  3. 靴の部品で、土踏まず部分を補強するために中底に挿入する鋼鉄の芯。
  4. ゴルフのアイアンの頭部と柄の接続部分。また、その部分でボールを打ってしまうこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳 「シャンク」の解説

シャンク

ボールがクラブフェイスの根元に当たって、ほぼ真横に飛ぶミスショット。ミスショットには他に、ボールが飛ばないチョロ、高く上がり過ぎるテンプラ、上っ面を叩いたトップ、クラブで地面を叩くダフなど。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android