シャンフルリー(読み)しゃんふるりー(英語表記)Champfleury

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャンフルリー
しゃんふるりー
Champfleury
(1821―1889)

フランスの小説家。本名ジュール・ユソンJules Husson。ラン市の庶民的家庭に生まれる。1843年来パリでミュルジェールらいわゆるボエームbohme(放浪芸術家)と交わり、パントマイム脚本、美術批評で認められ、47年、極貧画家の生活を写実的に描く『シヤン・カイユー』で若干の成功を得る。以後、画家クールベを擁護し、写実主義運動の総帥となるが、多く奇人変人を題材とし、文体も素朴、感傷的で今日は読まれない。ほかに発表当時10万部発行した『モランシャールの市民たち』(1855)など長編小説20編余。評論集『ル・レアリスム』(1857)など。[齋藤一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android