コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーヒジンダ廟群 シャーヒジンダビョウグン

1件 の用語解説(シャーヒジンダ廟群の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シャーヒジンダ‐びょうぐん〔‐ベウグン〕【シャーヒジンダ廟群】

Shohizinda ansambli》ウズベキスタン南東部の古都サマルカンドにある霊廟群。アフラシャブの丘の南麓に位置する。名称は「生ける王」を意味し、サマルカンドに初めてイスラム教を伝えた預言者ムハンマド従兄弟クサム=イブン=アッバースの不死の奇跡にちなむ。11世紀から15世紀にかけて建造された、チムール帝国の創始者チムールにゆかりのある親族や将軍等を祭る10以上もの廟がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーヒジンダ廟群の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)日本年号一覧姓名/日本のおもな姓氏総合年表(北・東・東南アジア)季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)名数小辞典日本日本神話の神々

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone