コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーヒジンダ廟群(読み)シャーヒジンダビョウグン

デジタル大辞泉の解説

シャーヒジンダ‐びょうぐん〔‐ベウグン〕【シャーヒジンダ廟群】

Shohizinda ansambli》ウズベキスタン南東部の古都サマルカンドにある霊廟群。アフラシャブの丘の南麓に位置する。名称は「生ける王」を意味し、サマルカンドに初めてイスラム教を伝えた預言者ムハンマドの従兄弟クサム=イブン=アッバースの不死の奇跡にちなむ。11世紀から15世紀にかけて建造された、チムール帝国の創始者チムールにゆかりのある親族や将軍等を祭る10以上もの廟がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android