コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーロシュパタク シャーロシュパタクSárospatak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーロシュパタク
Sárospatak

ハンガリー北東部の都市。ニーレジハーザの北,ボドロク河畔に位置する。コメニウスが教えたカルバン派神学校,多くの古写本をもつ図書館,13世紀の砦跡などがある。主産業はワイン醸造,製粉など。人口約2万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android