コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーロシュパタク Sárospatak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーロシュパタク
Sárospatak

ハンガリー北東部の都市。ニーレジハーザの北,ボドロク河畔に位置する。コメニウスが教えたカルバン派神学校,多くの古写本をもつ図書館,13世紀の砦跡などがある。主産業はワイン醸造,製粉など。人口約2万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android