コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウェーリン Schwerin

デジタル大辞泉の解説

シュウェーリン(Schwerin)

ドイツ北東部、メクレンブルク‐フォアポンメルン州の都市。同州の州都。1949年から1990年まで旧東ドイツに属した。12世紀にハインリヒ獅子公により建設され、司教座が置かれた。14世紀にはメクレンブルク公領となった。第二次大戦後に工業化が進んだ。シュウェーリン湖をはじめ多くの湖に囲まれ、風光明媚な観光地としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュウェーリン
しゅうぇーりん
Schwerin

ドイツ北東部、メクレンブルク・フォアポンメルン州の州都。1952年まではメクレンブルク州(1949~52年は旧東ドイツの一州)の州都、90年の東西ドイツ統一によってメクレンブルク・フォアポンメルン州が設置されるまでシュウェーリン県の県都であった。人口10万1300(2000)。シュウェーリン湖の南西端にある。ウェンド人の集落として1018年から記録に現れるが、ドイツの都市としてはザクセン公ハインリヒ(獅子(しし)公)により、1160年、征服地に建設されたのを起源とする。1358年メクレンブルク公領となり、1624~31年には三十年戦争で皇帝派に占領された。1945年以来、工業化が進み、食品加工、電気、金属加工、プラスチックなどの工業がある。メクレンブルク公の居所として、また司教座の所在地として文化的な性格を備え、宮殿、ゴシック式の教会などの歴史的建築物も多い。
 旧東ドイツのシュウェーリン県は、人口密度が1平方キロメートル当り68人(1983年当時)とノイブランデンブルク県に次いで低く、農耕、飼料作物地域となっていた。[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュウェーリンの関連キーワードヘンリッチ・ウィルヘルム・カール クノークノー(Heinrich Cunow)メクレンブルクフォアポンメルン州バルデマー(2世)ウィルヘルミナ女王ウィルヘルミナウィスマールフォッカークント

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android