コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイナーの定理(慣性能率) Steiner's theorem

法則の辞典の解説

シュタイナーの定理【Steiner's theorem】

平行軸の定理*という別名でも知られている.あるに関する物体の慣性能率は,重心を通りその軸に平行な軸に関する慣性能率と,着目している軸からみて,すべての質量が重心に集中したものとして求められる慣性能率の和となる.つまり,一物体の重心を通る任意の軸に対する慣性モーメントJg,その軸から任意の距離 d だけ離れた平行な軸に対する慣性モーメントを Jk,全質量を M としたとき,JkJgMd2 となる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

シュタイナーの定理(慣性能率)の関連キーワード慣性モーメントの定理平行軸定理(力学)

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android