コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュツットガルト室内合奏団 シュツットガルトしつないがっそうだん

百科事典マイペディアの解説

シュツットガルト室内合奏団【シュツットガルトしつないがっそうだん】

ドイツの楽団。指揮者カール・ミュンヒンガー〔1915-1990〕が1945年シュツットガルトで組織,翌年デビューしてたちまち名声を得た。バロック音楽を主なレパートリーとし,特にJ.S.バッハに名演を残した。15名の弦楽が通常の編成。1956年に初来日。
→関連項目シュツットガルト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android