コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテファン=ボルツマン定数 シュテファン=ボルツマンていすう Stefan-Boltzmann constant

1件 の用語解説(シュテファン=ボルツマン定数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュテファン=ボルツマン定数
シュテファン=ボルツマンていすう
Stefan-Boltzmann constant

シュテファン=ボルツマンの法則に現れる比例定数。記号はσ。σ=2π5k4/15h3c2=5.67032×10-8W/m2・K4ただし hプランク定数c は真空中の光速度kボルツマン定数

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシュテファン=ボルツマン定数の言及

【シュテファン=ボルツマンの法則】より

…すなわち,E=σT4。比例定数σはシュテファン=ボルツマン定数と呼ばれ,ボルツマン定数をk,プランク定数を2πで割ったものをħ,真空中の光速度をcとして,σ=π2k4/60ħ3c2=5.67032J/m2・s・K4である。ET4に比例することは1879年にJ.シュテファンが述べたものであるが,その根拠は,熱した白金線の出す全放射エネルギーが1200℃では525℃のときの11.7倍になるというJ.ティンダルの実験(1875)にあり,事実,絶対温度を用いると(1473K/798K)4が11.7に近くなるのだった。…

※「シュテファン=ボルツマン定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュテファン=ボルツマン定数の関連キーワードシュテファン=ボルツマン定数シュテファン=ボルツマンの法則シュテファンボルツマンの法則ステファンボルツマンの法則シュテファンボルツマンの放射法則シュテファン定数シュテファン‐ボルツマンの法則輻射の積分法則輻射の法則(四法則)ボルツマンの輻射法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone