コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテルンハイマー効果 Sternheimer effect

1件 の用語解説(シュテルンハイマー効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シュテルンハイマー効果【Sternheimer effect】

核四極子をもつ原子核の系のエネルギーには,四極子モーメント Q と核の位置における電場勾配 q との積 qQ が常に現れ,q のみを実験的に定める手法はない.ただ,閉殻構造にない電子は球対称からずれた分布をしているために,q に寄与することになる.この寄与をシュテルンハイマー(R. M. Sternheimer)は摂動論を用いて計算し,閉殻電子の電荷分布が分極のために球対称からわずかでもずれることで大きな q が生じることを示したので,これがシュテルンハイマー効果(あるいはスターンハイマー効果)と呼ばれている.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone