シュトラニツキー(英語表記)Josef Anton Stranitzky

世界大百科事典 第2版の解説

シュトラニツキー【Josef Anton Stranitzky】

1676‐1726
オーストリアのコメディアン。ドイツ語圏の代表的道化役ハンスブルストを生み出した。南ドイツを旅回りしたのち1706年ころよりウィーンに進出し,おおいに人気を呼んだ。この役柄は,当時の〈国事劇〉の大仰な筋の中に割り込み,それをパロディ化するものであった。この喜劇的タイプが固定化し,後輩がそれを発展させるに及び,シュトラニツキーはウィーン民衆劇の祖と称せられた。また09年にはウィーン最初の常設劇場をつくり,支配人としても腕をふるった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android