コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトラニツキー Josef Anton Stranitzky

世界大百科事典 第2版の解説

シュトラニツキー【Josef Anton Stranitzky】

1676‐1726
オーストリアのコメディアン。ドイツ語圏の代表的道化役ハンスブルストを生み出した。南ドイツを旅回りしたのち1706年ころよりウィーンに進出し,おおいに人気を呼んだ。この役柄は,当時の〈国事劇〉の大仰な筋の中に割り込み,それをパロディ化するものであった。この喜劇的タイプが固定化し,後輩がそれを発展させるに及び,シュトラニツキーはウィーン民衆劇の祖と称せられた。また09年にはウィーン最初の常設劇場をつくり,支配人としても腕をふるった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シュトラニツキーの関連キーワードオーストリア演劇オーストリア文学ハンスウルストネストロイ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android