コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトラニツキー Josef Anton Stranitzky

1件 の用語解説(シュトラニツキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュトラニツキー【Josef Anton Stranitzky】

1676‐1726
オーストリアコメディアンドイツ語圏の代表的道化役ハンスブルストを生み出した。南ドイツ旅回りしたのち1706年ころよりウィーンに進出し,おおいに人気を呼んだ。この役柄は,当時の〈国事劇〉の大仰な筋の中に割り込み,それをパロディ化するものであった。この喜劇的タイプが固定化し,後輩がそれを発展させるに及び,シュトラニツキーはウィーン民衆劇の祖と称せられた。また09年にはウィーン最初の常設劇場をつくり,支配人としても腕をふるった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュトラニツキーの関連キーワードオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国コメディーオーストリーコメディアエルディータコメディカルホームコメディーラブコメディーオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone