コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトラニツキー Josef Anton Stranitzky

1件 の用語解説(シュトラニツキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュトラニツキー【Josef Anton Stranitzky】

1676‐1726
オーストリアコメディアンドイツ語圏の代表的道化役ハンスブルストを生み出した。南ドイツ旅回りしたのち1706年ころよりウィーンに進出し,おおいに人気を呼んだ。この役柄は,当時の〈国事劇〉の大仰な筋の中に割り込み,それをパロディ化するものであった。この喜劇的タイプが固定化し,後輩がそれを発展させるに及び,シュトラニツキーはウィーン民衆劇の祖と称せられた。また09年にはウィーン最初の常設劇場をつくり,支配人としても腕をふるった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シュトラニツキーの関連キーワード江戸座山中一揆早野巴人アレクセイ・ミハイロビチゲーリケ光速度集義和書徳川家宣日知録納蘭性徳

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone