上田(読み)ウエダ

デジタル大辞泉の解説

うえだ【上田】[地名]

長野県中東部の市。安土桃山時代真田氏の根拠地。江戸時代松平氏の城下町。明治から大正期には養蚕製糸業中心地。現在は電気機械などの工業が行われる。平成18年(2006)3月、丸子町・真田町・武石村と合併。人口16.0万(2010)。

じょう‐でん〔ジヤウ‐〕【上田】

地味が肥え、収穫の多い田。⇔下田(げでん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うえだ【上田】

長野県東部、上田盆地の市。安土桃山時代の武将真田昌幸の根拠地。もと松平氏の城下町。食品・繊維・電子部品などの工業が立地。

うえだ【上田】

姓氏の一。

じょうでん【上田】

田租を定めるため、田を等級分けしたうちの最上のもの。地味の肥えた田。 → 中田下田

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あげ‐た【上田】

〘名〙 高い土地にあって、水はけのよい田。⇔下田(くぼた)
※書紀(720)神代下(鴨脚本訓)「兄高田(アケタ)を作らば、汝、洿田(くぼた)を作り可(ま)せ」

うえ‐だ うへ‥【上田】

[1] 〘名〙
① 上の方にある田。高い所にある田。
※風雅(1346‐49頃)雑上・一五一〇「松陰の水せき入れて住よしの岸のうへ田に早苗とるなり〈安倍宗長〉」
洒落本・客衆肝照子(1786)おどり子「上田の小袖、きがら茶どんすの柳茶しゅすなぞの帯」
※談義本・当世花街談義(1754)二「鼻紙も上田中杉ではすまず」
[2] 長野県北東部の地名。古くは信濃国分寺が置かれた。江戸時代には松平氏五万三〇〇〇石の城下町となり、幕末から昭和初期まで養蚕、製糸の中心地として栄えた。大正八年(一九一九)市制。

じょう‐でん ジャウ‥【上田】

〘名〙 地味が肥え、収穫の多い田地。また、検地によって、もっとも生産力が高いと認定された田。上等の田地。
※続日本紀‐延暦一〇年(791)五月戊子「又王臣家、国郡司、及殷富百姓等、或以下田易上田、或以便相換不一レ便」
※地方凡例録(1794)二「田畑致検地、上中下の地位を分け、上田一段歩に石盛幾つ、中下はいくつと究め」 〔史記‐貨殖伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上田の言及

【石盛】より

…石盛によって算定された石高に一定の率をかけて年貢・諸役が賦課されたので,石盛の高低は貢租量の多少に関係した。斗代の決定は,田畑の優劣によって上,中,下,下々などに位付けし,上田と見立てた場所2~3ヵ所で1坪(約3.3m2)ごとの坪刈りをし,もし坪当り平均籾1升(約1.8l)があれば1反(約991.7m2)で3石(約541.2l)あり,それを五分摺りすれば玄米1石5斗を得るから,1斗(約18l)の15倍ということで〈15の盛〉または〈1石5斗代〉といった。中田以下は二つ下りで中田は13,下田は11,下々田は9,畑は上畑が12,以下二つ下り,屋敷地は12の盛とするのが普通であった。…

※「上田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上田の関連情報