シュモクガキ(読み)しゅもくがき(英語表記)white hammer oyster

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュモクガキ
しゅもくがき / 撞木牡蠣
white hammer oyster
[学]Malleus albus

軟体動物門二枚貝綱シュモクアオリガイ科の二枚貝。房総半島以南、西太平洋、インド洋の暖海にすみ、潮間帯下の岩礁に足糸で固着している。殻長23センチメートル、殻高21センチメートル、殻幅2.5センチメートルぐらいである。(こうせん)は直線的で、殻頂の前後とも長く突き出て、また腹縁方にも長く伸びるので、全形はT字形をしている。殻表は黄白色で薄片を重ねたようにみえ、荒く波打っている。殻内は、軟体部の入っている部分に真珠光沢がある。軟体は細長く、とくにえらが長い。近縁種のクロシュミセンM. malleusは本種に似るが、殻は黒色、紀伊半島以南に分布する。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android